関西最大級の釣り情報サイト「関西釣り百選」は大阪、京都、兵庫、和歌山、三重、福井の釣り情報をナビゲートしています!

芦屋のちょい不良(ワル)オヤジ長田伸一郎の「黒鯛ダンディズム」

«黒工、大阪湾カップ武庫川予選 2年ぶりの黒鯛»

黒工、大阪湾カップ武庫川予選 

浅田さんも残念。南港でがんばりましょう。  

浅田さんも残念。南港でがんばりましょう。  


前回の優勝者、芝地君に続き、2位の丸山君、4位の十田君のコメントが届きました。

○ちゃんのコメント:
それは...運と前日の下見のおかげです(^^ゞ。
実は、前日にアタリがあったり、釣れたのは全て内向きで、予選で釣れたのは全て外向きでした。朝一番に狙っていたポイントで失敗した後、頭を完全に切り替えて、前日・当日釣れていない実績場所を重点的に攻めたのがいい結果に結び付きました。
賞品が自分が持っている竿と全く同じ物を頂いたので、最後にちゃんとオチがありました。

ということです。釣れたのは、底が中心ですが1ヒロ半でも釣れたようです。タナで止めて釣ったのも効果があったようです。そういえば、昨年もタナで2枚釣っていましたねぇ。

珍獣田君のコメント:

なぜ入賞出来たのか?なんですが

やっぱり大会前の下見が良かったのだと思います。

下見に行った時に良かった場所は7番〜8番の内側、カーブ外。

夕方の白灯台外側では浅い棚でもアタリがでました。

大会当日は朝からだったのと、スタート場所が近く

すぐに人で溢れると思ったので7番〜8番を選択しました。

釣りを開始すると

渋いアタリでしたが

4ヒロ〜底まででアタリが出たので

アタリが出た棚を、エサを小さくして

落下速度も腕が疲れるぐらいゆっくりと落としました。

それが釣果につながったのだと思います。


ということです。迷いがなく大会に臨んだのが良かったと思います。

今回は、鈴木さんも見事に入賞。好調の光川さんもしっかりと決勝へ。
嬉しいことに、いつも黙々と落とし続けている樋口さんも入賞しました。

私は、普通なら釣れるアタリを、3回ともバラシてしまいました。
まだまだ勉強が足りませんでした。

僅かなサイズの差で入賞を逃した、クロちゃん、浜ちゃん。
トップアスリート達も涙を飲みました。

次の南港で雪辱です。決してみんな諦めませんよ。(=^〜^=)

  • ご存知○ちゃんは、4枚、2位。       

    ご存知○ちゃんは、4枚、2位。       

  • 珍獣田君は、3枚、4位。欲しかったリールをゲット。嬉しそうですねぇ。 

    珍獣田君は、3枚、4位。欲しかったリールをゲット。嬉しそうですねぇ。 

  • フリーナイン・笠井君は5位。     

    フリーナイン・笠井君は5位。     

  • 銀ピカさんは、6位。辛島君は7位。    

    銀ピカさんは、6位。辛島君は7位。    

  • 梨恵ちゃんも入賞、カップルで決勝へ。すごいです。   

    梨恵ちゃんも入賞、カップルで決勝へ。すごいです。   

  • ヨネッチも手堅く。高雄君、ヒロ君も。2枚の釣果。  

    ヨネッチも手堅く。高雄君、ヒロ君も。2枚の釣果。  

  • 昨年からホント、強いです。昨年、決勝で2位。またもや決勝へ。バラ達さん。

    昨年からホント、強いです。昨年、決勝で2位。またもや決勝へ。バラ達さん。

  • ご存知、宮本名人。   

    ご存知、宮本名人。   

  • 残念、キラーンくん。  

    残念、キラーンくん。  

  • サイズの差で泣きました。   

    サイズの差で泣きました。   

  • マミーさんは、レディース賞をゲット。   

    マミーさんは、レディース賞をゲット。   


コメントする