関西最大級の釣り情報サイト「関西釣り百選」は大阪、京都、兵庫、和歌山、三重、福井の釣り情報をナビゲートしています!

関西の沖釣り名人 今井浩次の「今日も釣り気分」

美味しいダルマさん

 皆さんよくご存じのメダイです。メダイを漢字で書くとやはり目鯛でしょうね。メバルも顔負けの大きな目が特徴なので、地方名も目に関連した呼び名が多いようです。
 紀州ではダルマと呼びますが、これは大きなダルマさんの目に似ているからでしょうね。福島県ではアゴナシと呼ばれますが、目から吻(ふん)までの距離が短くて顎がないように見えるからでしょうね。千葉県の富津ではメデェ、熊本県の天草ではタルメとかセイジュウロウとよばれています。メダイが多い高知県では、メブト、メナ、タロメと呼ばれます。今回のメダイは、頂き物ですが久しぶりにお造りと味噌漬けにしてみました。
 お造りは、新鮮でないといただけませんが白味噌を使った西京漬けは少しの間保存が可能なので重宝します。このほか、醤油との相性がいいので、幽庵漬けもお勧めですよ。

懐かしい味ゴンパチ

 紀伊半島の山間部では、スカンポのことをゴンパチと呼びます。何でゴンパチなんだろうと調べてみたことがあったのですが、分かりませんでした。
 きっと、権八という人が好きだったのかも知れないと勝手に想像しながらゴンパチを摘んできました。
 子供のころ原っぱで走り回って遊んでいる時、喉が渇くとゴンパチを手折って少し酸っぱい汁でのどを潤したり、塩を付けて生でかじったりしたものです。



 そんな懐かしい味がするゴンパチですが、皮をむき、さっと茹でて、塩蔵しておくと、いつでも取り出してきて春が満喫できるのです。(塩抜きがちょっと大変ですが…)




 薄揚げや竹輪と煮るのが我が家の定番料理です。ヘルシーで素朴な味がいいですね。
 

別嬪の金アジ絶品でした

 和歌山県南部町で金アジと呼ばれていマアジがいます。
 どんなアジなのか今までずっと興味があったのですが、なかなか釣りに出かける機会がなくて、今回やっと、それが実現しました。
 南部堺の港から「えびす丸」に乗って出船です。


 落とし込みで釣れると聞いていたのですが、ポイントに着くと船をアンカーで固定し、アミエビを撒きながら釣るのです。
 あい、これが金アジです。呼び名通り背が金色に輝いて見えます。


 これぐらいがレギュラーサイズです。群れが回ってくるとダブルで釣れることも珍しくありません。











 金アジは30僂鯆兇┐討癲∩ツ垢話羞燭世箸いい泙后B腓な奴は45儷瓩になるそうですよ。












 ゲストにはこんな魚も。30僂曚匹離船瀬い一人2、3匹は混じりました。






 そして、仕掛けに掛かったアジをそのままにしておくと、こんな幸運が舞い込んでくることも。
 この日の幸せ者は一人だけでしたが…。

 今回の金アジは、お造り、叩き、塩焼きといろんな料理にしましたが、乗っ込みのアジだからでしょうか、脂が乗っていてどれも絶品でした。もう一度食べてみたいです。

辛〜い山葵そろそろ出番

アマゴ釣りに出かけたとき採ってきた山葵を醤油漬けにしました。
 掃除して、適当な大きさに切り、熱湯を振りかけてからすりこぎで叩きます。





 煮切った酒と醤油を同割にしたタレを広口瓶に入れ、その中にしなっとなった花山葵を浸けこみます。











 しっかり蓋をして冷蔵庫に入れ、4、5日熟成させたら出来上がりです。鼻にツンと抜ける山葵特有の辛さがたまりませぬ。これでまた酒が進みそうですね。(笑)


イカナゴでなくイカメバルって!何故

 昨日は、「週刊つりニュース」の取材で明石市林崎へ行っていました。
 狙いはもちろんメバル。今年、2回目のイカナゴメバルですが相変わらず状況は厳しく、果たしてどうなりますやら…。
 10人の釣り人を乗せ、靄がかかった林崎漁港を夜明けとともに出船です。
 まずは、鹿ノ瀬に向かいました。







 イケスには元気なイカナゴがたくさん泳いでいます。ちょっとエサには大きいかな?というサイズも混じり始めましたね。





 鹿ノ瀬でもメバルはほんのぱらぱら。釣り場を東浦に変えて岩屋前からエサぴちの沖などを流しますが、反応はイマイチでした。






 ときおり竿が曲がっても…ガシラ、ガシラ、ガシラ。






 こんな大きなイカナゴが食えるんかい?といいたくなるような小ガシラも食ってきます。よほどイカナゴが美味しいんでしょうね。











 そして、この後、海峡筋の深場を流している時、がががががっと竿が舞い込んで、あっあっあっというだけでなす術もなく、1号のハリスがぶち切られて、意気消沈した後…。





 ついに待望のメバル。(といっても1匹目ではありませんが)
 あれがメバルなら尺間違いなし、なんて勝手に想像したり、それともハネだったのかもと一人悔しがったりしていました。



 本当なら今の時期、イカナゴを口いっぱい頬張り、釣り上げた途端に吐き出すようなメバルが釣れるはずなのに、このメバルが食っていたのは”イカ”。どうやらミミイカのようです。
 メバルがいる場所にイカナゴがいないんでしょうか?。それが釣れない原因?と思いたくなるような一日でした。


 終わってみれば…メバルよんひき。
 ガシラはいっぱい。(でもないか)
 船長は、まだメバルが浮いていないので本格的なシーズンはこれからといっています。GWのころが狙い目とか…。




 1 | 2345678910 ・・・  次のページ »