関西最大級の釣り情報サイト「関西釣り百選」は大阪、京都、兵庫、和歌山、三重、福井の釣り情報をナビゲートしています!

関西の沖釣り名人 今井浩次の「今日も釣り気分」

武庫川河口のキビレ開幕

3月18日、兵庫県の武庫川河口にあるカセの釣りがオープンしました。狙いはぶっ込み釣りのキビレで、足場が良くて誰にでも楽しめるのが魅力です。そこで早速、取材に出かけたのですが、どうしたことか朝の時合いに1匹釣れたきりでアタリがありません。
釣り時間は、朝6時に渡船で渡ってお昼までです。余りのアタリの無さに途中で帰られる人もいて、時間だけが無為に過ぎていきます。そして、そろそろ帰り支度を始めなければ、という時間になってやっと時合いがやって来たのです。この時合いに3人にアタリがあり2匹釣れました。そこで、迎えの船に少しだけ時間をずらしてもらって釣り続けたのですが、最後の最後にお父さんと一緒にやってきて片時も竿から目を離さずに頑張っていた、9歳の伊藤裕太君の竿に待望のアタリが来たのです。周りから声援を受けながら、無事タモに収まったキビレは40冤召蝓こうして裕太君の笑顔に癒されながらフィニッシュを迎えたのでした。
勝負は下駄をはくまで分からないといいますが、釣りも同じですね。最後まで諦めずに頑張った人が勝者になれるのです。いい教訓を得ました。

ごっつあんです…の料理頂きます

  • 耳イカって、こんなに大きくなるんですね

    耳イカって、こんなに大きくなるんですね

  • バターで炒めて少しだけ「醤油を落としていただきました

    バターで炒めて少しだけ「醤油を落としていただきました

  • ブランド豚、蔵尾ポーク

    ブランド豚、蔵尾ポーク

  • 脂がくどくなくて美味しかった

    脂がくどくなくて美味しかった

釣りに行けなくて、悶々と過ごす毎日ですが、うれしい贈り物が届いて美味しくいただいております。
ひとつは、大阪湾で取れた耳イカ。マダイの大好物なので小さければエサに使えるのですが、これはいいサイズなので人間様の口に入ります。昨夜はバターでソテーして頂きましたが癖のない身で酒の肴にぴったりでした。耳イカも珍しいのですが、イカと一緒に頂いたお酒も珍しくて栃木県小山市に蔵がある小林酒造の「鳳凰美田」。無濾過本生、純米吟醸酒でアルコール度数も少し高めの16〜17度。初めてのお酒でしたが、香りが良くて旨みがある美味しいお酒でした。
もう一品は、近江の霜降り豚「蔵尾ポーク」のバラ肉です。柔らかくて甘みがあり、後口さっぱりの美味しいお肉だったので、初日は「しゃぶしゃぶ」、昨日は「野菜巻き」にして頂きましたが、いくら食べてもくどくないので、お酒が進むクンで酔っぱらってしまいました。(笑)

ほろ苦き恋の味なり蕗の薹

我が家の庭の片隅で、今年も蕗の薹が芽を出した。
蕗特有のほろ苦さが好きで、毎年、天ぷらにして頂くことにしている。こいつを食べると、やっと春が来たんだな〜あと実感できるからだ。
庭の蕗の薹を食べ尽くしたら、今度はアマゴ釣りに出かけて、渓の奥に自生している山葵と一緒に楽しませていただこうと思っている。蕗の薹のほろ苦さもいいが、葉山葵の醤油漬けのピリリとした辛さも捨てがたい春の味だ。

オール阪神さん おめでとうの巻き

  • オール阪神・巨人さんを囲んで。右端が尾上親方、左端がET・KINGのイトキンさん

    オール阪神・巨人さんを囲んで。右端が尾上親方、左端がET・KINGのイトキンさん

  • バースディケーキのプレゼンターは、元ビッグフィッシングのアシスタント、永田まりさん

    バースディケーキのプレゼンターは、元ビッグフィッシングのアシスタント、永田まりさん

  • 自慢ののどを披露するオール巨人さん

    自慢ののどを披露するオール巨人さん

  • イトキンさんもカラオケに飛び入り参加

    イトキンさんもカラオケに飛び入り参加

3月7日の火曜日、大阪は南の繁華街の真っただ中にある「味園ビル」で、オール阪神さんの還暦とお誕生日をお祝いする会が開かれました。
当初は40〜50人でこじんまりと、の予定が我も我もと名乗り出て参加者が急増、阪神さんと親交がある150人余りの人々が集う、一大パーティーとなりました。丁度、大阪場所で来阪していた尾上部屋の尾上親方をはじめ、相方のオール巨人さんやET−KINGのイトキンさんなど豪華な顔触れがそろいカラオケを披露するなど、笑いの絶えない楽しい会になりました。

和歌山県美浜沖の飼い付け寒チヌ

トップを切ってチヌを釣り上げたのですが、後が続かずでした…

トップを切ってチヌを釣り上げたのですが、後が続かずでした…

長〜い間、ブログを放置していてすいません。春なのでそろそろ冬眠から覚めて再スタートしようと思い立ちました。毎日は無理ですが、出来る限り更新していこうと思っています。

さて、今週は、和歌山県美浜沖の寒チヌのリポートです。春を思わせる陽気の中で竿を出してきましたが、得てしてこういう日は、天気が良すぎて潮が動かず魚の食いも悪いものです。狙いのチヌは、若船長も含めて3人で3枚(1枚ずつでした)という成績でしたが、マダイが来たり10kg近いブリが食ったりで、楽しい釣りになりました。
恐らくブリだと思うのですが、3号のハリスでは歯が立たない怪物が2度も食いました。それを見て若船長が釣れたチャリコをハリにかけて泳がせたら、写真のブリが釣れたのです。一緒に出掛けた近藤さんも1回飛ばされましたよ。寒チヌを釣りに出かけられるなら。ハリス12号以上の泳がせ釣りの仕掛けも用意して出かけられたら面白いですよ。

  • 若船長も1匹

    若船長も1匹

  • 近藤さんも1匹

    近藤さんも1匹

  • 若船長の釣ったチヌは48cmで最長寸でした

    若船長の釣ったチヌは48cmで最長寸でした

  • 口からあふれるほどオキアミを食っているにのにサシエは食いません

    口からあふれるほどオキアミを食っているにのにサシエは食いません

  • こんなマダイが2匹出ました

    こんなマダイが2匹出ました

  • 若船長が上げた10kg級のブリ

    若船長が上げた10kg級のブリ


 1 | 2345678910 ・・・  次のページ »